【札幌すすきの】おすすめカフェ&ランチ・スイーツ10選|道産子グルメライターが厳選

本ページには広告が含まれています。
すすきのランチ&カフェ&シメパフェまとめ
札幌「すすきのエリア」でおいしいスイーツが食べたい!
ひとりでゆっくりコーヒーが飲めるカフェってないの?
お酒を飲んだあとの「シメパフェ」のお店も知りたいな♪

この記事に 札幌「すすきのエリア」の おすすめカフェ&ランチ・スイーツを まとめました!

高井なお

北海道の飲食店を4000店以上食べ歩いた 道産子グルメライター 高井なお です

札幌に来たなら 必ず立ち寄りたいのが、全国的に有名な歓楽街「すすきの」

“夜の街・お酒” のイメージが強いエリアですが、実はカフェやおいしいスイーツが楽しめる飲食店も充実しているんです♪

おすすめポイント
  1. 夜遅くまでネルドリップコーヒーが飲める「カフェ」
  2. こだわり野菜ビュッフェ付き「ランチ」
  3. 北海道素材ふんだんの「シメパフェ」

カフェスイーツ・ランチはもちろん、札幌発祥「シメパフェ」のおすすめもご紹介していきます♪

目次 - クリックで移動 -

「すすきのランチ・カフェ」おすすめ4選

おすすめランチ・カフェ ①:Farm to Table TERRA(テラ)

おいしい野菜ビュッフェランチとアウトドア気分が楽しめる♪

1軒目におすすめしたいのが、人気アウトドアブランド・snow peak(スノーピーク)が空間を監修する「Farm to Table TERRA(ファームトゥテーブルテラ)」さんです。

おすすめポイント
  1. 人気アウトドアブランド「snow peak(スノーピーク)」監修の開放的な空間
  2. 天候に左右されずアウトドア気分を楽しむことができる
  3. オーガニック野菜中心のサラダバーリスト
イクラのスキレットガレットがテーブルに置かれている
ランチのメインは「スキレット料理・グルメバーガー・スープカレー」などから選択
セット内容
  • メイン料理
  • サラダバー
  • ドリンクバー(コーヒー・紅茶・デトックスウォーターなど)
「ファームトゥテーブルテラ」のサラダバーコーナー外観
「ファームトゥテーブルテラ」のサラダバーコーナー

メイン料理のほか「サラダバー」と「ドリンクバー」までセットになって、1480円~という衝撃的な安さ!

野菜メニュー、コーヒー、デトックスウォーター、食べる甘ざけ「オリゼ」などがテーブルに置かれている
野菜メニュー、コーヒー、デトックスウォーター、食べる甘酒「オリゼ」など
高井なお

サラダバーの野菜はオーガニック中心で、みずみずしさ満点♡
カラフルなエディブルフラワーが添えられたメニューもあり、食欲をそそります♪
腸活にもいい “食べる甘酒” もおかわりできるなんて うれしすぎる!

さらにコーヒー・紅茶・デトックスウォーターまでもおかわり自由とは…… まさに天国♡

全面ガラス張りのファームトゥテーブルテラ入口外観
TERRAがあるのは「ホテルマイステイズプレミア札幌パーク」1階

非日常を演出してくれる “ホテル1階” という立地も魅力のひとつです。

自然たっぷりなのに天候を気にしなくていいから、真冬の札幌でもアウトドア気分が楽しめちゃいますよ♪

関連記事

▼「TERRA」の詳細はこちらで紹介しています

店舗情報
店名Farm to Table TERRA(ファームトゥテーブルテラ)
住所北海道札幌市中央区南9条西2丁目2-10 ホテルマイステイズプレミア札幌パーク1階
電話番号050-5571-9036
営業時間モーニング|7:00~10:00
ランチ|11:30~14:00
カフェ|14:00~18:00
ディナー|18 :00~23:30
定休日なし
駐車場あり(ホテル駐車場を利用)
キャッシュレス決済各カード対応、Paypay、iD
公式HP / SNS公式HP / Instagram / Facebook
外部サイト食べログ(予約可)
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめランチ・カフェ ②:コーヒースクエアドゥ

苺ショートケーキがテーブルに置かれている
できるだけ添加物を使わずにつくられた「自家製ケーキ」が絶品♡

まだカフェが流行る前 1997年8月にオープンした、老舗カフェ「coffee square do(コーヒースクエアドゥ)」さん。

1軒目にご紹介した「TERRA」から徒歩約2分の場所にある、夜遅くまでネルドリップコーヒーを味わえる一軒です。

おすすめポイント
  1. 夜23:00まで営業!2軒目・3軒目にもつかえる
  2. ほぼ無添加の自家製ケーキが絶品!
  3. コーヒーはもちろん紅茶・ハーブティーも豊富♪
平日限定「チーズテリーヌ」とウィンナーコーヒーがテーブルに置かれている
平日限定「チーズテリーヌ」と「ウィンナーコーヒー」

一杯一杯丁寧に淹れてくれるコーヒーもおいしいですが、自家製ケーキもとってもおすすめ♪

高井なお

チーズの旨味とコクが広がり、まるでバターのようになめらかリッチな全く新しい食感!
ショートケーキなどに比べると少し小ぶりに見えるかもしれませんが、抜群の濃厚さで逆に大きいくらいでした♡

あまり知られていませんが、ケーキはテイクアウトすることもできるんですよ ^^

壁面にこだわりの食器がならぶコーヒースクエアドゥの内観
壁面にこだわりの食器がならぶカウンター席

「coffee square do(コーヒースクエアドゥ)」の店内は、“木のぬくもり×無骨なコンクリート” が大人な雰囲気。

黒い外壁の「coffee square do(コーヒースクエアドゥ)」外観

中島公園駅から徒歩約5分と好アクセスな場所にありながら、札幌市民もなかなか行かない場所にあり、知る人ぞ知るカフェなんです。

高井なお

コーヒーメニューはもちろん、紅茶・メディカルハーブティーなど 幅広いドリンクのラインアップ。
コーヒーが好きな方・苦手な方、双方におすすめしたいカフェです

関連記事

▼「coffee square do」の詳細はこちらで紹介しています

店舗情報
店名coffee square do(コーヒースクエアドゥ)
住所北海道札幌市中央区南8条西1丁目 ハビタエイトビル1階
電話番号011-521-4225
営業時間10:00~23:00
定休日年末年始
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済Paypay
公式HP / SNS公式HP / Instagram / twitter / Facebook
外部サイト
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめランチ・カフェ ③:ホアセンレストラン

北海道ではめずらしい “ベトナム料理” の専門店。写真は米粉を使った麺料理「ブン ボー フェ」

3軒目にご紹介するのは、すすきの・中島公園エリアでお昼からベトナム料理が楽しめる「Hoa Sen Restaurant (ホアセンレストラン)」さん。

駅前通り添いにあるビルの2階に店をかまえているため、土地勘のない観光客も向かいやすいお店です。

おすすめポイント
  1. シェフはベトナム出身!すすきの界隈で本格派の “ベトナム料理” が楽しめる希少な一店
  2. 単品料理もセットメニューも豊富でリーズナブル♪
  3. 本場・ベトナムでしか食べることの出来ないような、ディープな料理もラインアップ◎
餅米を揚げた薄い生地で野菜やハムを包んだ ベトナム風お好み焼き「バイン・セオ」
グツグツ煮えたぎる石鍋で登場♪「アサリレモングラス蒸し」

スープや麺料理など、食事系のメニューはレモングラスなどの香草やベトナム独特の食材を使用したものがたくさん♪

クセが強いのかと思いきや ほんのり香る程度なので、日本人にも比較的受け入れられやすいお味だと感じました ^^

ココナッツミルクをベースにしたベトナムの冷たいぜんざい「五目ぜんざい」グラスで提供
ベトナムではポピュラーな「エッグコーヒー」。他ではなかなかお目にかかれない一杯

食後のデザートにおすすめなのが、「五目ぜんざい」と「エッグコーヒー」の2種類。

高井なお

「五目ぜんざい」は、たっぷりの小豆とドライフルーツ、ココナッツチップのコクのある風味が特徴的で、やさしい甘さで食べやすい◎小豆がたっぷりなので見た目以上の満足感!

「エッグコーヒー」は、ほのかなコーヒーの苦味にたまごのコク、甘味が調和のとれた一杯でした♪

洋酒が入っているのかと思うくらい芳醇な香りが鼻を抜け、苦味が苦手な方も飲めるコーヒーですよ ^^(確認してみたらアルコール不使用でした)

まるでベトナムに来たかのよう。エキゾチックな雰囲気の店内
札幌駅前通りに面したビルなのでわかりやすい◎外階段から2階へ

カウンター席もありひとりでもゆったり過ごせる空気感。

片言の日本語でもてなしてくれる女性スタッフさんも感じがよく、現地のレストランで食事しているような雰囲気が味わえます ^^

店舗情報
店名Hoa Sen Restaurant (ホアセンレストラン)
住所北海道札幌市中央区南7条西3丁目7番16号 千両ビル2階
電話番号050-5816-2574
営業時間平日| 11:00~15:00、17:00~22:00
土日祝前日| 11:00~22:00
定休日水曜
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済各カード対応、Paypay
公式HP / SNS公式HP / Instagram
外部サイト食べログ(予約可)ホットペッパー(予約可)
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめランチ・カフェ④ :昼食堂 ひるおか

北海道ではめずらしい “ベトナム料理” の専門店。写真は米粉を使った麺料理「ブン ボー フェ(税込980円)」

4軒目にご紹介するのは、大通エリアに近い カジュアルフレンチ「昼食堂 ひるおか」さん。

グルメ本・ミシュランガイドで一つ星を獲得した「TATEOKA TAKESHI(タテオカタケシ)」でランチタイムのみ営業しており、フランス料理をより身近に 気軽に味わうことができる 一店なんですよ ^^

おすすめポイント
  1. ミシュラン 一つ星 のフレンチレストラン「TATEOKA TAKESHI(タテオカタケシ)」がプロデュースする一店
  2. シェフは元ボクサー!料理もデザートも “無添加・無化調・自家製” にこだわる
  3. 平日は1700円~ 楽しめる リーズナブルな価格設定◎
この日のスープは 北海道・真狩(まっかり)産のにんじん「アロマレッド」を使ったポタージュ
自家製フォカッチャには なんと、「昆布」と「玄米」が練り込まれていました!

この日いただいたのは、スープからデザートまでがフルで楽しめる「ひるおか特別コース(税込3700円)」。

どのお皿も 素材の味が活かされていて、やさしく穏やかな味わいが印象的でした ^^

肉料理「北海道・阿寒町(あかんちょう)モリマサ放牧豚の自家製ソーセージ」
魚料理「真鯛のポワレ 塩こうじのスモークソース」
デザート「コーヒーパルフェ トンカ豆のアイス添え」と、食後の紅茶(コーヒーも選択可)
高井なお

お肉もお魚も 素材自体の味がしっかり!
見た目は完全に “フレンチ” のひと皿ですが、どれも郷土料理のような温かみのある味わい♡

食後に サービスのメレンゲ菓子がふるまわれるほか、デザートも完成度が高かったので、甘いものが好きな方にもおすすめしたい一店です♪

札幌軟石や木材を使用した店内は、石と木の素材感を大切にした スタイリッシュでナチュラルな空間
「昼食堂 ひるおか」が入るのは、国道36号線から1本北側にある 「KT三条ビル」
正面側ではなく、“都通り” 沿いに入口があります

カウンター席もあり、ひとりでフラっと立ち寄る おひとり様も多くいらっしゃっていました。

今回紹介したコースランチのほか、1000円台で楽しめる「プレートランチ(平日限定)」や「パスタランチ」もありますよ ^^

店舗情報
店名昼食堂 ひるおか
住所北海道札幌市中央区南3条西2丁目1 KT三条ビル 1F
電話番号050-5281-3979
営業時間11:30~14:30
定休日月曜
駐車場なし(ビル隣にコインパーキングあり)
キャッシュレス決済各カード対応、Paypay
公式HP / SNS公式HP / Instagram
外部サイトホットペッパー(予約可)食べログ
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめランチ・カフェ⑤ :市川茶屋

煎茶はお茶菓子付き♪(写真は宇治茶「律(りつ)」のホット)※テイクアウトも可

5軒目にご紹介するのは、国道36号線沿い・すすきのエリアと大通エリアのちょうど間にある日本茶カフェ「市川茶屋」さん。

すすきのの喧騒を忘れてホッとひと息つきたい時や、遅めのランチにもおすすめしたい一店です。

おすすめポイント
  1. 2023年5月オープン。27歳の若きイケメン店主が営む「日本茶カフェ」
  2. ぜんざいなどの甘味はもちろん、「お茶漬け」などの軽食もあり
  3. 13:00~23:00まで営業!お酒も楽しめるので、昼飲み・夜はカジュアルBarとしても◎
「八女抹茶 冷やしぜんざい」単品はもちろん煎茶とのセットメニューもあります
濃厚な抹茶ソースと小豆を混ぜながらいただきます

名物の甘味「八女抹茶 冷やしぜんざい」は、苦味と甘さのバランスが絶妙!

もっちり柔らかな白玉とわらび餅が1度に味わえるうえ、食べ過ぎにならないちょうどいい量も魅力的です。

ぜんざいは全部で2種類。香ばしい風味が楽しめる「ほうじ茶 冷やしぜんざい」もあります。
この日いただいた京都・宇治茶「律(りつ)」は、黄味がかったグリーン色

澄んだ水色を目で楽しみ、同時にふくよかな青々しい香りを堪能できるのが煎茶の醍醐味。

温かいお茶は、2煎目・3煎目までたっぷりじっくり味わうことができますよ。

そしてお茶の出殻はお醤油や抹茶塩をプラスして、おひたしのように食べることもできちゃうのです……!

高井なお

札幌で茶殻を食べられるお店は、そう多くはありません。
お腹に余裕があれば、飲み終えたタイミングでスタッフさんにお声がけしてみてくださいね ^^

冷茶でオーダーした場合は、ご覧の通りピッチャーでたっぷり提供されます

煎茶や抹茶はもちろん、日本茶をつかったアルコールメニューも豊富◎

お昼からお酒を楽しめる穴場でもあります。

オレンジ色の照明が落ち着く、カジュアルな店内

カウンター席とテーブル席のほか、写真手前には畳の小上がり席もあり、すすきのらしからぬゆったりスロウな空気にも癒されます。

お店の内装は、店主が仲間とDIYで作り上げたそう
レジ横ではオリジナルブレンドの茶葉、ティーバックの販売もしています
ビルの地下1階にひっそりと佇む同店
一見さんもあたたかく迎え入れてくれる、ホッとできるお店です◎
「市川茶屋」が入る晴ればれビルの外観

若き店主・市川さんは大学卒業後、福岡県八女市のお茶の会社で4年間勤務され、地元北海道に戻り同店をオープンさせました。

なんでも親切に教えてくれるとても話しやすい方なので、女性のおひとりさまやお茶の知識がない方も安心して訪れてほしい日本茶カフェです♪

店舗情報
店名市川茶屋
住所北海道札幌市中央区南4条西6丁目8-3 晴ればれビル B1F
電話番号080-4506-5197
営業時間13:00~23:00
定休日火曜、その他不定休あり
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済クレジットカード各種、Suica、PASMO、nanaco、ICOCA、iD、QUICPay、ApplePay
公式HP / SNS公式HP / Instagram
外部サイトホットペッパー(予約可)
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

「すすきのシメパフェ」おすすめ5選

札幌発祥の食文化「シメパフェ」とは、文字通り “飲んだ後や食事をした後など、一日の最後を締めくくるパフェ” のこと。

ここからはすすきのエリアでおすすめの シメパフェをご紹介していきます♪

関連記事

▼ 札幌発祥「シメパフェ」のおすすめ店まとめ

おすすめカフェ ①:ロジウラカフェ

ロジウラカフェのコーヒーパフェがテーブルに置かれている
「コーヒーパフェ」税込 1340円

店名のとおり、すすきのの路地裏にひっそり佇む隠れ家「ROJIURA Café(ロジウラカフェ)」

おすすめポイント
  • 某有名ケーキ店の元パティシエ・佐藤さんがオープンした「シメパフェ専門店」
  • 北海道産の原材料や、できたて・自家製にとことんこだわる!
  • 自家製できたてスイーツ付きの飲み放題コースもあり◎

こちらでは厳選した北海道産素材をつかった、高品質なシメパフェを味わうことができるんです。

ブラウンを基調としたロジウラカフェの内観
いい意味ですすきのっぽくない、カフェらしい雰囲気

最高級・カルピジャーニの機械でつくる 自慢のソフトクリーム(十勝産生乳100%)をふんだんに使用したパフェは、甘さ控えめで空気感たっぷり!

高井なお

一言で表すとさっぱりミルキー!
ほんのり甘いミルクを飲んでいるような、北海道らしさ全開のシメパフェ♪

シメパフェは飲んだあとに食べる方が多いため、のどが乾かないよう パフェにはすべて「アイスクリーム」「生クリーム」を極力ひかえるという工夫も。

高井なお

全体的に甘さがかなり抑えられていて、実際にのどが乾きませんでした◎

ロジウラカフェの外観

すすきのという場所柄 飲み放題・食事付のコースメニューも用意されており、ごはんとパフェを一度に楽しむこともできるんですよ。

なかなかたどり着けない “路地裏” にあるため、向かう際は事前のアクセス確認をお忘れなく!

関連記事

▼ 「ロジウラカフェ」のアクセス方法を写真つきでくわしくご紹介

店舗情報
店名ROJIURA Café(ロジウラカフェ)
住所北海道札幌市中央区南6条西3 TAKARA6.3 1階
電話番号011-530-1237
営業時間18:00~翌1:00
※金・土は翌2:00まで、日・祝は23:00まで
定休日不定休
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済各カード対応、Paypay、Suica、PASMO、iD、QUICPay、ApplePay
公式HP / SNS公式HP / Instagram / Facebook
外部サイトホットペッパー(予約可)
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめカフェ ②:Melty(メルティ)

カスタムオーダー可能!

とびきりキュートなシメパフェを提供している「スイーツバー Melty(メルティ)」さん。

同店を営む女性オーナー 加藤 渚さんが  “罪悪感の少ないシメパフェ” をさがしていたところ、見つからず……

ならば自分でつくってしまおう!と一念発起!

“シメパフェ” という言葉ができる約5年前の、2010年にMeltyをオープンさせました。

スイーツバー Melty(メルティ)のマイ☆パフェがテーブルに置かれている
「マイ☆パフェ」税込 1500円 ※ドリンクとセットの価格

「マイ☆パフェ」は、自分好みのパーツを自在に組み合わせられる “オーダーメイドパフェ” です。

スイーツバー Melty(メルティ)のパフェオーダーシートがテーブルに置かれている
全7項目が自分で選べる「パフェオーダーシート」

かわいいビジュアルもさることながら、ひと口食べてそのおいしさに驚きました……!

高井なお

ジェラートの後味がさっぱり!
1口食べれば、ちゃんと手作りしていることが すぐにわかるおいしさです♡

聞いてみると、できるだけ北海道素材にこだわり 全てのパーツを手づくりにこだわっているのだそう。

リキュールが入ったグラスがテーブルに置かれている
後半はリキュールをプラスして味変

リキュールはノンアルコールのものもあるので、お酒が飲めない方も安心です ^^

カジュアルであたたかみのある雰囲気の「スイーツバー Melty(メルティ)」の内観
店内はカジュアルであたたかみのある雰囲気
高井なお

「スイーツバー Melty」の店内は、女性ひとりでもくつろげる気軽さがうれしい♪

黒い扉の「スイーツバー Melty」入口外観
「スイーツバー Melty」入口
スイーツバー Meltyが入る「つむぎビル」外観
スイーツバー Meltyが入る「つむぎビル」外観

女性オーナー・加藤さんが2人のお子様をもつママということもあり、小さなお子様も大歓迎♡

子連れでもシメパフェを気兼ねなく楽しめる、すすきのエリアでは希少な一店です!

関連記事

▼ 「Melty(メルティ)」の詳細レビューはこちら

店舗情報
店名スイーツバー Melty(メルティ)
住所北海道札幌市中央区南4条西5-10 つむぎビル3F
電話番号011-522-5755
営業時間火~土|18:30~翌1:00
日祝|18:30~24:00
定休日月曜
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済各カード対応、Paypay
公式HP / SNS公式HP / Instagram / twitter / Facebook
外部サイト
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめカフェ ③:デンキ茶房

チーズケーキとフルーツのパフェとカクテルがテーブルに置かれている
「チーズケーキとフルーツのパフェ(写真左)」税込 980円

豊水すすきの駅近くにある「デンキ茶房」さんは、“知る人ぞ知る シメパフェ” の お店♪

おすすめポイント
  • 喧騒を忘れてゆったり。ひっそり穴場な レトロ空間
  • 上品な甘さ&ちょうどいいサイズ感!「チーズケーキとフルーツのパフェ」が絶品!
  • 果汁たっぷりフルーティー♪「ミクソロジーカクテル」が本格派
レモンのミクソロジーカクテルがテーブルに置かれている
「ミクソロジーカクテル(レモン)」税込 1280円
高井なお

グラスの上には サイコロ状のチーズケーキ、中には カットされたフルーツと ジュレ・練乳味のジェラートが IN ♪
いつもは パフェひとつ食べきれない筆者が、危うく もう1つオーダーしてしまいそうになるくらい、美味しくて軽かったですw

近年ではめずらしい シンプルなパフェですが、そのおいしさは 感動モノ!♡

ダークブラウンを基調とした「甘味処 デンキ茶房」の内観
店内はカウンター席とソファ席からなるカフェ空間
ソファとテーブル、アンティーク雑貨が置かれている「甘味処 デンキ茶房」の内観
随所にアンティーク雑貨が配置されたレトロな店内

ダークな木目を基調とした店内は、やわらかなオレンジ色の照明が とっても落ち着く雰囲気。

ビルの奥深くにひっそり佇む、すすきのとは思えない 隠れ家的な一軒ですよ♪

関連記事

▼ 「デンキ茶房」の詳細レビューはこちら

店舗情報
店名甘味処 デンキ茶房
住所北海道札幌市中央区南5条西2丁目8-9 社交会館ビル 1階
電話番号011-522-7924
営業時間火~土|15:00~翌1:00
日|13:00~18:00
定休日月曜
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済各カード可、PayPay、交通系電子マネー、iD、QUICPayなど
公式HP / SNSInstagram / twitter
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめカフェ ④:夜パフェ専門店 ななかま堂

さくらんぼと大吟醸

最後にご紹介するのは、シメパフェ専門店「ParfaiteriaPaL(パフェテリアパル)」・リゾット専門店「GAKU(ガク)」の姉妹店「夜パフェ専門店 ななかま堂」さんです。

こちらでは、 “和” の要素をプラスした ちょっとめずらしいシメパフェを味わうことができるんですよ。

「発酵乳とメロン」
高井なお

北海道産素材をふんだんに使った上質なおいしさ♡
甘さの強弱や味の変化が計算しつくされていて、最後までしっかり美味!

“重すぎないパフェを目指している” という「ななかま堂」のパフェは、お腹いっぱいごはんを食べた後でもおいしく食べきれる、軽やかな味わいとボリューム♪

まさに「シメパフェ」にもってこいです!

暗めの照明が雰囲気のある「夜パフェ専門店 ななかま堂」の内観
訪問時の先客はすべて女性!

このほか 4~8名で貸切できる個室(別館)もあります。※90分 お部屋代 4000円

2017年5月のオープンから4年以上が経ちますが、いまだに週末の夜は待つことも多く、とても人気がある一店。

パフェは季節ごとにラインアップが変わるので、行く前にお店のInstagramでチェックしてみてくださいね♪

店舗情報
店名夜パフェ専門店 ななかま堂 
住所北海道札幌市中央区南4条西5丁目 第4藤井ビル2階
電話番号050-5594-0643
営業時間月〜木|18:00〜24:00
金土、祝前日|18:00〜26:00
日祝|18:00〜24:00
定休日不定休
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済各カード対応、Paypay、楽天Pay、auPay、交通系IC、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay
公式HP / SNS公式HP / Instagram / twitter / Facebook
外部サイトホットペッパー
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください

おすすめカフェ ⑤:HOKKAIDO ミルク村

「Aセット」と「Bセット」を1つずつオーダー
パフェのように味わえる “リキュールがけアイスクリーム”

札幌でシメパフェが流行るずっと前から “すすきのスイーツ” の大定番に君臨している「アイスクリームBar HOKKAIDOミルク村」さん!

1995年頃から25年以上も愛され続けている老舗の名店です。

おすすめポイント
  • リキュール×アイス の元祖!すすきのスイーツの老舗
  • オレンジリキュール香る「特製アイスクリーム」
  • 選べるリキュールは、最高級ブランデー含む全130種類
2人分のリキュール5種
選べるリキュールはなんと全130種類!2人以上で行くと色んな味が楽しめるのも魅力
スプーンの上でアイスとリキュールが融合
スプーンの上でアイスとリキュールが融合
高井なお

ほのかにオレンジが香り、口に入れたとたん心地よく溶けていく感覚が至福のアイスクリーム♡
たっぷり生クリームがリッチ、かつ柑橘のフレッシュさもある、さっぱりとした味わい♪

フランスでパティシエ経験があるというご主人がつくる特製アイスは、口どけが段違いです!

なんだか懐かしい気持ちになるカラフルな照明
カラフルなネオンで彩られたメルヘンな雰囲気の店内
下戸のわたしもお酒を楽しむことができる貴重なお店
“非日常” へいざなってくれるテーマパークのようなお店

北海道産ミルクの新たなおいしさを体験できる「アイスクリームBar HOKKAIDOミルク村」

スイーツ目的で訪れるのはもちろん、札幌観光の1つの選択肢としてもおすすめしたい一店です!

関連記事

▼ 「HOKKAIDOミルク村」の詳細レビューはこちら

店舗情報
店名アイスクリームBar HOKKAIDO ミルク村
住所北海道札幌市中央区南四条西3丁目7-1 ニュー北星ビル6階
電話番号011-219-6455
営業時間火・木~日|13:00~23:40
水|17:00~23:40
定休日月曜
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済
公式HP / SNS
外部サイトホットペッパー
地図を表示google map へ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
関連記事

▼ 札幌発祥「シメパフェ」のおすすめまとめ

「すすきのカフェ&ランチ・スイーツ10選」まとめ

この記事では、地元グルメライターがおすすめする「すすきの カフェ&ランチ・スイーツ10選」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 夜遅くまでネルドリップコーヒーが飲める「カフェ」
  • こだわり野菜ビュッフェ付き「ランチ」
  • 北海道素材ふんだんの「シメパフェ」リスト
高井なお

「すすきの」はお酒・グルメだけじゃない!
北海道・札幌ならではの、おいしいスイーツ&ランチもぜひ選択肢に入れていただけるとうれしいです♡

あわせて読みたい

▼ 札幌グルメの 完全版!

▼ その他 札幌エリア別まとめ

札幌駅周辺大通駅周辺すすきの周辺・狸小路・二条市場バスセンター周辺定山渓
中央区北区西区東区・南区・豊平区白石区厚別区清田区・手稲区

▼ その他 札幌グルメ ジャンル別まとめ

ラーメンジンギスカンスープカレー
和食寿司回転寿司海鮮丼豚丼お好み焼き)・カレー(ルー)中華料理ザンギ)・洋食フレンチイタリアンケーキシメパフェソフトクリームかき氷カフェお土産

▼ その他 札幌グルメを確認

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 - クリックで移動 -