【すべて実食済】札幌「ジンギスカン」おすすめ12選!地元民も納得のおいしいお店を厳選!

本ページには広告が含まれています。
札幌おすすめジンギスカン
高井なお

北海道の飲食店を4500店以上食べ歩いた 道産子グルメライター 高井なお です

北海道を代表するソウルフード「ジンギスカン」は、北海道・札幌で一度は食べたい料理のひとつ

特に道外の方から度々 “北海道のジンギスカンはおいしい” と言われることがありますが、わたしも道外で獣臭い羊肉を食べ その理由にも納得しました。

‥ということで今回は、札幌のジンギスカン店を食べ歩いた私が 実際に食べておいしかった‶ジンギスカン店〟をご紹介します。

目次 - クリックで移動 -

ジンギスカン ①:成吉思汗だるま(すすきの)

成吉思汗だるま のジンギスカン
一度は食べておきたい! だるまのジンギスカン!!

札幌の全ジンギスカン店の中で 一番有名なお店が、すすきのだけで6店舗を展開する「成吉思汗だるま」

1954年創業の老舗ジンギスカン屋さんで、毎日開店直前に届く 新鮮な “マトン” に定評のあるお店です。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥不可
この投稿をInstagramで見る

Masashi Honda(@8668m8668)がシェアした投稿


だるまで食べられる羊肉は、ラム肉ではなく とても新鮮な “マトン(生後24ヶ月以上の羊のお肉)”

一般的には 身がかたくなり臭みがでると言われてますが、だるまのマトンは下手なラムよりはるかにおいしくて 人気なのもうなづける程です ◎

一番人気の本店は 14席しかなく またその他の支店もしっかり混雑するので、行列を覚悟して向かいましょう。なお‶7・4店〟をのぞいて全店予約不可です。

▼ 関連記事・店舗情報など

本店:店舗情報
店舗情報
店名成吉思汗 だるま本店
住所北海道札幌市中央区南5条西4丁目5 クリスタルビル1F
電話番号011-552-6013
営業時間17:00~23:00
定休日年末年始
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可、電子マネー不可
公式HP / SNS公式HP
外部サイトホットペッパー
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
本店:アクセス方法
公共交通機関を利用した場合
系列店:札幌市内一覧

ジンギスカン ②:松尾ジンギスカン(札幌駅・大通・すすきのなど)

松尾ジンギスカンのジンギスカン
ジン鍋で焼く 味付けジンギスカン!

北海道で一番メジャーな “味付けジンギスカン” のお店が、1956年創業の老舗「松尾ジンギスカン」

札幌のジンギスカンは 焼いたお肉をタレにくぐらせて食べるスタイルですが、松尾ジンギスカンでは タレに漬けたお肉を焼いて食べるスタイルです。これは 今より流通に時間がかかった当時、お肉の臭みを消すために生まれた技法です。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類ラム・マトン
  3. タイプ・味付
  4. 食べ放題‥可
松尾ジンギスカンのランチセット
適度な量のランチセットも おすすめ

ニンニクを使わないオリジナルのタレに定評があり、〆のもち・うどんに味が染みるともうたまりません! 漬けダレごとジンギスカン鍋に入れて、グツグツ煮込んでいただきましょう。

昼も営業しているので、お得なランチセットもあり。札幌市内には計6店舗あるので、近くのお店で楽しんでみてください。

▼ 関連記事・店舗情報など

札幌駅前店:店舗情報
店舗情報
店名松尾ジンギスカン 札幌駅前店
住所北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル 地下1階
電話番号011-200-2989
営業時間11:00~15:00、17:00~23:00
定休日年末年始
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNS公式HP
外部サイト食べログ(予約可) / ホットペッパー(予約可)
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
札幌駅前店:店内の雰囲気
一面ガラス張りの日本生命札幌ビルの外観
お店のある日本生命ビルの外観
木と黒を基調とした「松尾ジンギスカン 札幌駅前店」の外観
地下にあるお店の入口
木目を基調とした「松尾ジンギスカン 札幌駅前店」の内観
店内は広くて開放的
札幌駅前店:アクセス方法
公共交通機関を利用した場合
系列店:札幌市内一覧

ジンギスカン ③:士別バーベキュー(大通)

士別バーベキューのサフォーク丼
リーズナブルな単品料理の中でも、特に 絶品の”サフォーク丼” 980円!

道北 “士別市” で生産された 食肉用羊 “サフォーク種” のジンギスカンが食べられるお店が「士別バーベキュー」。

北海道にいてもなかなか食べられない貴重なお肉で、稀少部位や 一品料理など 多岐にわたるメニューも魅力のひとつです。観光だけじゃなく、地元の方にもおすすめです。

お店のスタイル
  1. 産地‥国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥不可
士別バーベキューのお肉
希少部位を食べられることも

特徴は ジンギスカン鍋を使わない「網焼きスタイル」で提供していることで、香ばしさと脂のキレが段違いです。また直営の牧場から取り寄せているため、日によっては〝希少部位〟が食べられることも♪

サイドメニューも充実していて、肩ロースを特製味噌ダレで仕上げた「サフォーク丼」がバツグンにおいしい!アーケード街 “狸小路商店街” の 西にあり、荒天時でも あまり濡れずに向かえるのも魅力です♪

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名士別バーベキュー
住所北海道札幌市中央区南3条西7丁目7
電話番号011-209-3210
営業時間月~金|11:30~15:00、16:00~23:00
土日祝|11:30~23:00
定休日不定休
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNS公式HP / Facebook / Instagram
外部サイト食べログ(予約可)
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ④:生ラムジンギスカン山小屋(すすきの)

生ラムジンギスカン山小屋のジンギスカン
ミニトマトと一緒に じっくり炭火で香ばしく焼き上げましょう!

「生ラムジンギスカン山小屋」は、1963年にすすきので創業した郷土料理店 “杉ノ目” が運営するジンギスカン店♪

絶品の生ラムを炭火焼きで楽しめる他、エゾシカ肉のジンギスカンも食べられます。また “もやし・玉ねぎ・ミニトマト” が食べ放題で、“すりおろし玉ねぎ” も使い放題なところもうれしい限りです。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥不可
生ラムジンギスカン山小屋のシカ肉のジンギスカン
ラム肉&シカ肉(数量限定)(シカだけの単品はなし)
生ラムジンギスカン山小屋の店内の様子
店内には カウンター席しかありません ^^

山小屋自慢の 肉質にとことんこだわったやわらかい生ラムは、キレイなピンクの肉質で筋張ってなく 微かに香るラムの風味がよいアクセントに♪

個人的におすすめのメニューが「ひつじのひとくちミンチ」です。これが かなりおいしいので、ぜひ味わってみてください ^^

店内は L字型のカウンター席が10席ほどしかありません。夕方ころから満席になることも多いので、前日までに予約するのがベターです。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名生ラムジンギスカン 山小屋
住所北海道札幌市中央区南4条西4丁目 第5グリーンビル 1F
電話番号011-271-2853
営業時間月~金・祝|16:00~22:00
土 |11:30~14:00、16:00~22:00
日 |11:30~14:00
定休日不定休
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNS公式HP / Instagram
外部サイトホットペッパー
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
生ラムジンギスカン山小屋のある ビルの外観
山小屋があるのは No.5グリーンビルの1階
生ラムジンギスカン山小屋の店内の様子
コの字型のカウンター席が並ぶ、山小屋の店内の様子
生ラムジンギスカン山小屋の店内の様子
カウンター席は意外と広々していました
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑤:生ラムジンギスカン専門店 赤兎馬(すすきの)

生ラムジンギスカン赤兎馬のジンギスカン
▲ 軽~く火が通ったら もう食べごろ♪ ▲

すすきので “ワンランク上の” ジンギスカンを味わうなら、完全予約制の「生ラムジンギスカン専門店 赤兎馬」がかなりおすすめ♪

札幌市内でも提供店が少ない 稀少な〝アイスランド産サフォークラム〟をチルドで提供している他、希少部位や生ラムユッケまで豊富なメニューが魅力的です。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥不可
生ラムジンギスカン赤兎馬のラムヒレ肉
▲ 数量限定 生ラムヒレ肉 ▲
生ラムジンギスカン赤兎馬のたたき
▲ 生ラムたたき ▲
生ラムジンギスカン赤兎馬の生ラムユッケ
▲ 生ラムユッケ ▲

とても希少な “アイスランド産サフォークラム” を一頭まるごと購入しているため、その時々で提供する部位が変わります。

一度も冷凍していない新鮮なお肉なこともあって、羊肉特有の臭みも過去一番にまったくなし! 段違いの柔らかさと食べやすさが体感できました!

店内はL字型のカウンター席とテーブル席が2卓のみの 全12席程で、全席喫煙可能です。完全予約制なので、前日までの予約を忘れずに。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名生ラムジンギスカン専門店 赤兎馬
住所北海道札幌市中央区南5条西3丁目8 Nグランデビル 5F
電話番号011-200-0635
営業時間16:00~22:30
定休日不定休
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNSInstagram
外部サイトホットペッパー
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
Nグランデビルの外観
元祖さっぽろラーメン横丁のとなりにある「Nグランデビル」の外観
生ラムジンギスカン赤兎馬の店内の様子
バーの様な雰囲気もあり、一人でも気軽に入れます(要予約制)
生ラムジンギスカン赤兎馬のカウンター席
カウンター席にも しっかりダクトがありました
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑥:炭火焼肉ソルトピーナッツ(大通)

ソルトピーナッツの焼肉を七厘で焼いている様子
炭火の七厘で焼く 北海道の自然の恵みは美味しいの一言!

「ソルト・ピーナッツ」は、ジンギスカンをはじめ 〝北海道産ラム、地鶏・合鴨、エゾ鹿、イノシシまで〟いろいろなジビエが一度に楽しめるお店です。

付けダレなどもすべて手造りで、かつ無化調。 素材本来のうま味を活かした、おいしい焼肉が食べられます。

お店のスタイル
  1. 産地‥国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥不可
ソルトピーナッツの 北海道産ラム・カルビ
北海道産ラム・カルビ(一人前)

メニューの数がとっても多く、訪問時は ジンギスカンだけでも オーストラリア産と道内産から選ぶことができました。

その他〝北海道産の牛・豚・鶏〟をはじめ、きじ肉・合鴨・エゾ鹿などもすべて貴重な北海道産のもの。ハーフサイズもあるので、迷った時は 少しずついろんな種類を楽しむのがおすすめです。

お店は 大通公園とすすきののほぼ中間にあります。ご夫婦お二人で営業しているお店なので、基本予約してから向かいましょう。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名炭火焼肉 ソルトピーナッツ
住所北海道札幌市中央区南2条西8丁目3-1 大光ビル 1F
電話番号011-281-1444
営業時間17:00~20:00
定休日火曜・第3月曜
駐車場
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNS公式HP
外部サイトホットペッパー
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
ソルトピーナッツ店舗外観
ちょっと目立たない ソルトピーナッツのあるビルの外観
ソルトピーナッツの店内の様子
入口側にはカウンター席
ソルトピーナッツの店内の雰囲気
奥側にはダクト付きのテーブル席が6卓
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑦:赤れんがジンギスカン倶楽部(すすきの)

赤れんがジンギスカン俱楽部の生ラムショルダー
お肉は ショルダー・ロース・ラムロール の 3種類のみ!

「赤れんがジンギスカン倶楽部」は、 一度も冷凍していない “チルドラム” をリーズナブルに楽しめるお店です。

札幌市内に すすきのの〝南7条店〟と、北区にある〝北25条店〟の2店舗を展開しています。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥可
赤れんがジンギスカン倶楽部の生ラム
生ラム “ロース” 2人前、お肉の色がとてもキレイ♪
赤れんがジンギスカン倶楽部の生ラムをジンギスカン鍋で焼いている様子
炭火の ジンギスカン鍋で サ~ッと表面を軽く炙っていただきましょう

赤れんがジンギスカン俱楽部では、単品よりも〝セットメニュー〟の方がよりお得です!

単品でも〝お肉2人前以上+ドリンク1杯以上〟は注文すると思いますが、セットだと破格の2,500円から楽しめます。 セットでもお肉の品質は確かなので、安心して注文することができます。

▼ セット内容

Aセット:3,000円
  • 生ラム 3人前
  • ドリンク 1杯
  • ライス 1杯
  • みそ汁 1杯
  • ミニキムチ 1皿
Bセット:2,500円
  • 生ラム 2人前
  • ドリンク 1杯
  • ライス 1杯
  • みそ汁 1杯
  • ミニキムチ 1皿

すすきのの中でも結構深い場所にあるので、周りを見渡しながら 気ままにのんびり向かいましょう。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名赤れんがジンギスカン倶楽部 南7条店
住所北海道札幌市中央区南7条西6丁目1-2 長谷川ビル 1F
電話番号011-531-7980
営業時間17:00~23:00
定休日年中無休(大晦日・元旦も営業)
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNS公式HP
外部サイト食べログ(予約可) / ホットペッパー(予約可)
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
赤れんがジンギスカン倶楽部の外観
「赤れんがジンギスカン倶楽部」南7条店 の外観
赤れんがジンギスカン倶楽部の店内
縦に長い店内の様子
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑧:羊飼いの店 いただきます。

いただきます。の ジンギスカン
モモ・ウデ・バラ・スネ など、色んな部位が楽しめる “ジンギスカン”♪

「羊飼いの店 いただきます。」では、北海道由仁町の直営牧場で生産する国産ラムが食べられます。

北海道でも 大半の羊肉はオーストラリアなどからの輸入物なので、国産ラムはとても貴重なもの。またメニューには、さらに貴重な “羊の内臓” までもが並びます!

お店のスタイル
  1. 産地‥国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥不可
いただきます。の ロース肉
お店イチ押しの “ロース” 1人前
いただきます。 ヒレ
最高の価格帯 “ヒレ” 1人前
いただきます。の レバー
レバー 1人前

どのお店の どのお肉よりも臭みがなく感じるくらいで、おいしさはピカイチ! ‥ただしその分 値段はかわいくありませんでした。

特に稀少な “内臓系” のお肉は 都度入荷する訳ではないので、見つけたらすぐに注文するのがおすすめです。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名ジンギスカン 羊飼いの店「いただきます。」
住所北海道札幌市中央区南5条西5丁目1-6
電話番号011-552-4029
営業時間11:30~21:30
定休日不定休
駐車場あり(3台)
キャッシュレス決済
公式HP / SNS公式HPFacebook
外部サイトホットペッパー
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
ジンギスカン いただきます。 の外観
一軒家のような “いただきます。” の 外観
いただきます。の 店内の様子
コの字型のカウンター席のみ
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑨:北海道ジンギスカン蝦夷屋

ジンギスカン蝦夷屋のなまら厚切りジンギスカン
名物 “厚切りジンギスカン” は 必食!

「北海道ジンギスカン蝦夷屋」では、すすきので一二を争う “厚切り” のジンギスカンが食べられます。

2022年1月には〝バナナマンのせっかくグルメ〟で紹介されたことのあるお店で、今回のラインナップの中でも 特にサイドメニューが充実しているお店です。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥可
北海道ジンギスカン蝦夷屋のなまら厚切りジンギスカン
とっても厚いので、口いっぱいに頬張っていただきましょう!
北海道ジンギスカン蝦夷屋の焼きラーメン
ジン鍋で焼く「名物 焼きラーメン」も 必食!

圧倒的に人気なのが、これを食べなきゃこの店は語れない “なまら厚切りジンギスカン” です。

1cm以上の厚さにこだわった手切りのジンギスカンですが、特製ダレに漬け込むことで 厚くても適度な柔らかさを残しています ◎ 通常の3倍くらいの厚さがあるので、思いっきり頬張っていただきましょう!

なお蝦夷屋を運営する “APRグループ” は、すすきのを中心に20店舗以上の飲食店を展開しています。 商品開発にも力を入れていて、特に 北海道産の麦芽・ホップなどを使ったすすきの発の地ビール〝すすきのえーる〟は必飲です。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名北海道ジンギスカン蝦夷屋
住所北海道札幌市中央区南5条西3丁目 北専プラザ佐野ビル 1F
電話番号011-513-0677
営業時間月~金|16:30~23:00
土  |12:00~23:00
日祝 |12:00~22:00
定休日無休
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可、電子マネー可
公式HP / SNS公式HP / Facebook
外部サイトホットペッパー(予約可)
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
北海道ジンギスカン蝦夷屋の外観
元祖さっぽろラーメン横丁 の 南向かいの 目立つビル
北海道ジンギスカン蝦夷屋の2階席
ゆっくり楽しめる 2階席、カウンター席もあり!
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑩:夜空のジンギスカン(すすきの)

夜空のジンギスカンの焼いたラム肉
軽~く炙って 半レアがベスト♪

〝すすきのの夜景〟と一緒にジンギスカンを楽しめるお店が「夜空のジンギスカン」です。

どのお店もビルの上層階にありますが、特に すすきのの喧騒を見下ろすことができる本店がおすすめ。窓からは すすきのの観覧車を間近に眺めることができるんです ◎

お店のスタイル
  1. 産地‥国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥可
夜空のジンギスカンの産地食べ比べセット
夜空の産地食べ比べセット 2200円 + ラムタン 850円

いろいろあるメニューの中でも、特に来店者の7割以上が注文する「夜空の産地食べ比べセット」は必食!

オーストラリア産・アイスランド産・北海道産など、一皿でいろんな産地の羊肉が食べられるので、味の違いがよ~く分かるんです ^^

ちなみに筆者は、その店名からデートにピッタリな雰囲気の良い店だと勘違いしていました。実際に行ってみると、誰でも気軽に入ることができる 大衆的なお店でビックリでした。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名夜空のジンギスカン 本店
住所北海道札幌市中央区南4条西4丁目 MYプラザビル 10F
電話番号011-219-1529
営業時間17:00~01:00
定休日年末年始
駐車場なし
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNS公式HP
外部サイトホットペッパー(予約可)
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
MYプラザビルの外観
本店は MYプラザビルの10階、9階には系列店も
夜空のジンギスカンの店内の様子
本店には コの字側のカウンター席と、座敷席があります
夜空のジンギスカンの窓からみた景色
南側の窓からは すすきのの街並みを見下ろせます
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑪:ツキサップじんぎすかんクラブ(豊平区福住)

札幌「ツキサップじんぎすかんクラブ」ジンギスカンを箸で持ち上げた様子
うす切りなことも マトンがおいしい理由のひとつです ^^

ジンギスカンと一緒に 北海道らしいロケーションも楽しみたい場合、郊外店の「つきさっぷジンギスカンクラブ」がおすすめです。

1953年発足した 厳選された “生マトン” が味わえる名店で、札幌式ジンギスカンの発祥店と言われています。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥不可
札幌「ツキサップじんぎすかんクラブ」ジンギスカンセット
この量で3人前、1人前でもとってもボリューム満点!
札幌「ツキサップじんぎすかんクラブ」
表面に火が通ったら、ひっくり返して サーっと炙ると もう食べごろ ◎

“ツキサップじんぎすかんクラブ” の メニューは とっても単純明快で「ジンギスカンセット」一択。 “お肉・野菜・おにぎり(2個)” が セットになっていて、一人前でも なかなかのボリュームです ◎

足りなくなったら、都度追加していくスタイル。肉だけ・野菜だけ・おにぎりだけでも追加ができるので、好きなタイミングで食べたい分だけ追加注文していきましょう。

なお 予約不可現金のみお肉がなくなり次第営業が終了となる ことは、あらかじめ 頭に入れておきましょう。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名ツキサップじんぎすかんクラブ
住所北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5 八紘学園農場内
電話番号011-851-3341
営業時間11:00~20:00(木曜は 17:00~)
定休日水曜、第3火曜
駐車場あり
キャッシュレス決済現金のみ
公式HP / SNS公式HP / Facebook
外部サイトホットペッパー
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
札幌「ツキサップじんぎすかんクラブ」
自然の中で食べるジンギスカンは まさに最高!
札幌「ツキサップじんぎすかんクラブ」店内の様子
とっても広くて落ち着く店内の様子
札幌「ツキサップじんぎすかんクラブ」テラス席
テラス席からの風景、バツグンの爽快感で 気分はまさにアウトドア ◎
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカン ⑫:羊ヶ丘レストハウス(豊平区羊ヶ丘)

羊ヶ丘レストハウスのジンギスカン
観光ついでに ジンギスカンもいただきましょう♪

観光名所 “羊ヶ丘展望台” にある「羊ヶ丘レストハウス」でも、おいしい ジンギスカンが食べられます ^^

リーズナブルなメニューが充実していて、食べ放題にも対応しています ◎ 席数も多いので、気軽に入れるのもうれしい限りでした。

お店のスタイル
  1. 産地国産・外国産
  2. 種類‥ラム・マトン
  3. タイプ‥生・味付
  4. 食べ放題‥可
羊ヶ丘レストハウスのジンギスカン
エゾ鹿肉の 味付けジンギスカンも、大きな鉄板で 豪快に焼いていただきましょう♪

お肉は 程よい厚みのラム肉で、あふれる程の肉汁と弾力が特徴。 生ラムと味付けジンギスカンも食べられます。

羊ヶ丘展望台は 札幌の街並みと札幌ドームを同時に眺めることができる眺めの良さが魅力なので、ぜひ晴れている日に向かって 食と観光を同時に楽しんでみてください。

▼ 関連記事・店舗情報など

店舗情報
店舗情報
店名羊ヶ丘レストハウス
住所北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1 さっぽろ羊ヶ丘展望台内
電話番号011-852-1271
営業時間5~6月|10:30~17:00
7~8月|10:30~19:00
9月  |10:30~18:00
10~4月|10:30~15:00
定休日無休
駐車場あり
キャッシュレス決済各カード可
公式HP / SNS公式HP
外部サイトホットペッパー
地図を表示Googleマップへ
※ 最新の情報は 店舗公式HPなどをご確認ください
店内の雰囲気
羊ヶ丘レストハウス(さっぽろ羊ヶ丘展望台内)/札幌市
300席ほどの店内、ご覧の通り 1階だけでもこの席数!
羊ヶ丘レストハウス(さっぽろ羊ヶ丘展望台内)/札幌市
羊ヶ丘展望台からは、ハッキリと札幌ドームが見える
アクセス方法
公共交通機関を利用した場合

ジンギスカンって「どんな料理」なの?

ジンギスカン

ジンギスカンとは〝羊のお肉を焼いた料理のこと〟です。

特に北海道で古くから親しまれている郷土料理で、専用の〝ジンギスカン鍋〟を使い もやし・玉ねぎなどの野菜と一緒に調理するのが一般的です。

とはいえ お店ごと・家庭ごとにスタイルがことなり、網焼きやホットプレートで調理することもあります。一律ではないので、お店ごとにことなる味や提供方法を楽しんでみてください。

ジンギスカンの「特徴・提供方法」について

ジンギスカン

一言にジンギスカンといっても、お店ごとに その提供方法がガラッと変わります。

特に お肉の〝産地・種類・下処理方法〟によって味がガラッと変わるので、ここでしっかりと特徴をおさえておきましょう。

①:お肉の「産地」

ジンギスカンに使われるお肉の大半(90%以上)は、オーストラリアなどの「外国産」の羊肉です。

特に国内産の羊肉は 全体の数%しかない貴重なものなので、食べたことがないという北海道民もかなり多いはずです。

高井なお

「国産」なら、まず間違いなく臭みのないお肉がでてくることがほどんど
オーストラリア産・ニュージーランド産は、お店によってピンキリです

個人的には「アイスランド産」がおいしいので、見つけたら必ず注文します!

国産の場合は、貴重な分だけどうしても値が張ります。オーストラリア産・ニュージーランド産の場合でも、最近は輸送・冷凍技術の向上からか 極端に臭いお肉が出てくることは稀です。

近年取扱い店が少~しずつ増えているのが “アイスランド産” で、味にはかなり定評があり わたしも大好きなんです ◎

②:お肉の「種類」

羊

同じ羊でも、年齢によって〝ラム・ホゲット・マトン〟の3種類の分類されます。

一般的には年齢が若いほど臭みが少ないと言われてますが、お店によっては マトンでも臭みの少ないおいしいお肉を提供しているところが多い印象です。

年齢によるお肉の種類
  1. ラム‥生後12ヶ月までの羊の肉・肉質がやわらかく臭みも少ない
  2. ホゲット‥生後12ヶ月~24ヶ月までの羊の肉・バランスの良いお肉
  3. マトン‥生後24ヶ月以上の羊の肉・肉質が固くなりはじめ臭みもでてくる

※ 分類によっては、生後12ヶ月以上の羊を “マトン” としている場合もあり

ホゲットを取り扱っているお店は稀にしかないので、ビギナーの方は 迷わずラムを選ぶのが吉です。

また丁寧に下処理をされたマトンの場合、ラムと区別がつかないくらいのおいしさです♪

③:お肉の「下処理方法」

味付きジンギスカン
味付きジンギスカン

ジンギスカンの提供スタイルには、〝生〟〝味付け〟の2パターンがあります。

札幌の場合は “札幌式(月寒式)” が一般的で、焼いたジンギスカンをタレに付けて食べるスタイルが主流です。

下処理方法による提供スタイル
  1. 生ジンギスカン‥切り分けた生のお肉を焼きタレにくぐらせて食べる。札幌式(月寒式)とも呼ばれる
  2. 味付けジンギスカン‥あらかじめ下味をつけたお肉を焼きそのまま食べる。滝川式とも呼ばれる。

タレで下味をつけてから焼く〝味付けジンギスカン〟に対し、焼いたあとにタレにくぐらせるのが 札幌式の〝生ジンギスカン〟です。

なお味付けジンギスカンは お肉の臭みを消すために生まれた下処理方法です。流通に時間がかかった 1950年代ごろから広く普及し、北海道でも 長い間ジンギスカンと言えば味付けが主流でした。

生か味付けかは 完全に好き嫌いが分かれるところですが、どちらも美味しいので お好みでいただきましょう。


おすすめ「ジンギスカン」まとめ

ジンギスカン

今回は 札幌市内に200店舗以上もあるジンギスカン屋さんの中から、厳選したお店を紹介させていただきました。

高井なお

どこも実績のある名店ぞろいなので、大きく外すことはまずないはずです

お店・タイプによって味が全く変わるので、ぜひ自分好みの一店を見つけてみてください!

できれば、何店も通って食べくらべてほしいところ。

旅行などで長期間の滞在がむずかしい時は、ぜひ本記事を参考にお店を選んでみてくださいね♪

あわせて読みたい

▼ 札幌で ジンギスカンの “食べ放題”!

▼ その他 札幌グルメ ジャンル別まとめ

ラーメンジンギスカンスープカレー
和食寿司回転寿司海鮮丼豚丼お好み焼き)・カレー(ルー)中華料理ザンギ)・洋食フレンチイタリアンケーキシメパフェソフトクリームかき氷カフェお土産

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 - クリックで移動 -